義足のカバーはお手製です。

義肢製造担当の平安です。

今回は義足のカバーについてなんです。他にもカバーや外装の内容でアップしてますのでそちらもご覧になってみてください。

よく、ユーザーさんに言葉で説明しても上手く伝わらなくてピンと来てないみたいなので写真を基に説明したいと思います。

まずはこんな感じで...
IMG_0201ある程度、形が出来上がっている物が各メーカーであります。これを各製作所さんの担当がせっせと削ってそれぞれのユーザーさんの足に合わせて作っています。今回は男性です。

 

 

 

 

下の写真を見てもらえばわかると思うんですけど、ソケットが入る大きさに穴を掘り込みます。

IMG_0204IMG_0205

 

掘り込んだら義足とドッキング!
IMG_0206

見るからに太い足ですよね?ここから本格的な作業になります。
そう!削って足の周径に合わせて形を整えるんです!これが難しいのなんの!

 

 

IMG_0208余談として
砂田義肢の作業着です→
背中に「義肢屋」と書いてるのが特徴です。色はネイビーにグレイにワインレッドが支給されています。

 

IMG_0209

話を戻して...

カバーを

削って

削って

削って

最終的にこうなります。

IMG_0215

IMG_0216画像が小さくなっちゃいましたが、写真をクリックするともう少し大きい画像が見れます。こんな感じで義足のカバーは作られていて、各製作所さんの職人さんが丹精こめて作りあげています。
やはり失ってしまった足の替わりになりますので同じような形にしなければなりません。なので作り手は、頭の中に足のラインをイメージしながら作っているんです。

上司に常々言われているのは、「エスカレーターに乗った時に目の前に女性が立っていたら、その人の足のラインを見なさい」と...
間違っても変な目で見ているわけでもなく、変態でもないですよ(-_-;)
義足のカバーを作るうえで女性の足のラインが重要なんです。なぜかというと、女性ユーザーさんが一番気にしていることが義足と知られたくないという事なんです。男性は筋肉質な感じで女性は靱(しなやか)な感じで作ります。勿論、本人の足に合わせて作りますよ。「義足も適合が良くても外観が悪ければ台無しだよね」って上司の師匠が言っていたみたいです。
日本はまだまだ、義足という事を隠してしまう世の中ですが、いつか、見せる義足で世の中を魅了できたらなって思います。東京の方ではすでに見せる義足のイベントがあったみたいですし...なので今、自分の義足をそんな感じで改良中です。すでに見せるつもりで街中を短パンで歩いているので、もしかしたらどこかで見ているかもしれませんよ(笑)これは次回にでもアップしますね。

最後に専用のストッキングを履かせて完成です。
IMG_0217

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA