第51回沖縄県障がい者スポーツ大会

義肢製造担当の平安です。

昨日、沖縄県総合運動公園陸上競技場にて第51回沖縄県障がい者スポーツ大会が行われました。空は青空!絶好のスポーツ日和の中、いろいろな方が出場していました。

IMG_0116-1

 

やはり仕事上、どこに行くにしても「どこかで見た事があるような?」という顔ぶれでしたし、実際に担当しているユーザーさんも出場していたりと、なかなか不思議な体験でした。

砲丸投げ

こちらは砲丸投げの選手として出場したA・Iさんです。10mは飛んでいました。また、別の選手でS・Yさんも参加していましたが、別競技観戦をしていたので残念ながら見ることが出来ませんでした。

今回は、出場者ではなく、砂田義肢ユーザーのS・Aさん宮古島市代表として100mにでるのでそのサポートにきました。
練習タイムでは12秒を出していたとか?もともと、社会人バスケットボールをやっていたからか短期間にもかかわらず仕上がっていました。なんせ、バスケットでCウォーク(otto bock足部)を2回、トリトンのカテゴリー3(otto bock足部)を2回破壊しています。そう、彼はメーカー泣かせの破壊神なんですよ(笑)基礎はしかっりしているとは思いますけど、ちゃんと彼の専属トレーナーとしてPT(理学療法士)のTさんも来てしっかりトレーニングしていました。日本体育協会公認アスレチックトレーナーだそうです。なので、ほとんど僕は何もする事が無かったんですけどね……。あっ、でも、彼の義足は僕が作りましたよ!!

これがアップ風景です。

最初にピョンピョン跳ねながらスタートするのを見て『すげー!』って思っちゃいましたね(笑)一応、僕も走る用の義足持ってはいるんですけど、ランニングしかした事が無いので……。多分、走ると運動会等で張切って走って転ぶお父さんのように無様にコケてしまう可能性が大です。

前回、ブログでアップした「ラッビト」は彼の為の物だったのですが、大会までの練習日数が短かったので、当初から練習で使用していた『刀』を使用して大会に臨みました。
スタートの飛び出しが良かったのですが、最後に、、、、、

本人、メチャクチャ凹んでると思いますけど、一応タイムは17秒で金メダルを貰えたみたいですので、県予選は通過したみたいです。今度は2015紀の国わかやま大会での全国大会出場なので、次こそは好タイムを出せるように頑張ってもらいたいです!だって、最終目標は2020東京パラリンピックに出場してもらう事ですもん!その為にも、我々ができうる最大限の義足提供をしていきたいと思います!
がんばれ!S・Aさん!!

今回、初めて障がい者スポーツ大会を見ましたが、『これぞスポーツ』と思ったのは、絶対に手助けをしない。どんなにゴールに時間がかかってとしても、ちゃんと自分の力でゴールをするまで、応援する。手助けをしないで最後までゴールするまで応援する。タイムスケジュールは押していたとは思いますが、それが当たり前であるからこそなんだと思います。出場者、ならびに大会運営スタッフ及び関係者様、本当にお疲れさまでした。痛感したのは我々がそこにサポートとして居なかったという所です。我々ができるサポートがあると今回知る事ができましたので、是非、来年度はブースを設置して大会出場者のサポートができるようにしていきたいと思います。今日は本当にお疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA